募集要項

募集対象 2018年3月、情報系専門学校・短期大学、4年制大学、大学院卒業予定者
募集職種 SE候補(プログラマー/正社員)
仕事内容

入社後4ヶ月間の基礎教育(未経験者導入研修)の終了後、適性等を考慮し配属先を決定いたします。

配属先では、開発チームの一員として、先輩の手伝いをしながらプログラマーの補佐的業務を担当します。

給与

4年制大学および大学院修士課程修了者 初任給: 200,000円

情報系専門学校・短期大学卒      初任給: 184,000円~190,000円

昇給・賞与

昇給年1回、賞与年2回(6月・12月)

※決算内容の良い年には、他に決算賞与を支給いたします。

諸手当等 交通費全額支給、職務手当、家族手当、住宅手当、時間外・休日労働手当、対外資格取得奨励金制度
休日・休暇

完全週休2日制(土・日)、祝日、年末年始休暇(5日)、年休休暇(連続5日)、有給休暇(初年度10日)、結婚記念日休暇、リフレッシュ休暇、慶弔休暇、特別休暇等あり

◎年間休日125日

勤務地

西五反田  (最寄駅:山手線 五反田駅)

目黒    (最寄駅:山手線 目黒駅)

府中    (最寄駅:京王線 府中駅、武蔵野線 北府中駅)

勝どき   (最寄駅:都営大江戸線 勝どき駅)

勤務時間 8:50~17:50
福利厚生

各種社会保険完備(健保・厚生年金・労災・雇用)、厚生年金基金加入、退職金制度

人間ドック・定期健康診断(費用会社負担)、財形貯蓄制度、社内融資制度

社員持株会、育児・介護休暇制度、会員制リゾートクラブ法人会員(全国に社員が利用できる保養施設有)

※健康保険組合でも全国に保養施設や各種スポーツイベント等があり、積極的に利用しています。

クラブ活動

部活動:ゴルフ、軟式野球     (会社からの補助があります)

同好会:テニス、水泳、自転車   (社員有志により運営されています)

試用期間 3ヵ月(条件変更なし)
社員出身校一覧

大学院修士課程)

東京都立大学大学院(現:首都大学東京大学院)、東京理科大学大学院、東邦大学大学院、成蹊大学大学院


4年制大学)

青山学院大学、茨城大学、桜美林大学、大阪学院大学、神奈川大学、神奈川工科大学、金沢大学、共立女子大学、慶應義塾大学、工学院大学、國學院大學、駒澤大学、 埼玉大学、城西大学、駿河台大学、専修大学、創価大学、大東文化大学、高崎経済大学、高千穂大学、千葉商科大学、中央大学、中央学院大学、筑波大学、 帝京大学、東京学芸大学、東京経済大学、東京情報大学、東京女子大学、東京都立大学(現:首都大学東京)、東京理科大学、桐朋学園大学、 東邦大学、長崎大学、新潟大学、日本大学、一橋大学、文教大学、法政大学、武蔵工業大学(現:東京都市大学)、明治大学、明治学院大学、明星大学、 横浜市立大学、立教大学、早稲田大学


専門学校)

東京科学情報システム専門学校、東京工学院専門学校、東京電子専門学校、日本工学院専門学校、日本電子工学院、日本理工情報専門学校

選考プロセス

■応募から採用決定までの流れ■

Q&A

Q1.IT企業としての得意分野は何ですか?

信託銀行業務に特化したシステム作りを得意としています。

信託銀行業務は金融系の中でも奥が深く幅も広いので、業務をよく知り、お客様と同じ目線に立つことによって、お客様との信頼関係を築いてきました。

また、1次請けですから、お客様のご要望を直接お聞きしながらシステム作りをしています。

お客様志向の使い勝手が良いシステムを提供し、最初から最後まで責任を持ってトータルなサービスを提供しています。

Q2.文系でもエンジニアになれますか?

もちろん大丈夫です。当社では実際に文系のエンジニアが半数以上います。

Q3.勤務地はどこになりますか?

五反田(本社)、勝どき、目黒および府中の何れかになります。

勤務先は東京都内のみです。

Q4.コンピュータのことや銀行の業務の知識は、どのように身に付けるのですか?

基礎研修を終了し現場配属後は、仕事を通じてその都度先輩たちに指導を受けたり、自分で調べたりして身に付けます。

普段から自ら積極的に勉強し、それを継続する姿勢が大切です。

Q5.現場配属後も研修はありますか?

はい、あります。

外部研修や eラーニングなど、ビジネススキル・テクニカルスキルを問わず、現在の仕事に関わるものであれば、各種の研修を受講しスキルアップを図ることが可能です。

Q6.残業時間は月にどれくらいありますか?

部署や時期によりますが、月に20時間程度です。

ただし、納品直前の時期などには、一時的にこれを超える時間の残業が発生することもあります。

Q7.女性の出産・育児をサポートする制度はありますか?

はい、あります。

産前産後休暇はもちろん、希望に応じて育児休職や一定期間育児のために労働時間を短縮できる制度等が整っています。

実際に、育児休職後に 復職し育児短時間勤務制度を利用しながら働いている社員もいます。

また、最近では双子が生まれて2ヶ月間育児休業した男性社員もいます。

Q8.女性でエンジニアとして活躍している人はどれくらいいますか。割合は?

女性エンジニアは20名、全体の25.6%です。(2017.4現在 男58人、女20人)